住宅ローン・火災保険・生命保険・資産運用は首都圏モーゲージにお任せ下さい。

ごあいさつ

住宅ローン代理業はいつか米国とおなじように普及するはずだ。そう考えて創成期の業界に入ったのは2007年のことでした。それから10年ほどたち、今では住宅ローン受付件数は年間1000件を優にこえます(2016年12月末、既往1年間)。

わたしたちは金融機関から住宅ローンの「営業」業務のアウトソーシングを受けているというと、わかりやすいでしょう。「資金調達」や「保全」は金融機関の仕事です。営業に特化できます。

すでに日本は人口減少社会にはいりました。住宅着工も住宅ローンもゆるやかに減少していくでしょう。わたしたちの課題は自社のシェアを高めていくことが一番です。それとともに周辺業務を強化していくことがだいじです。リフォーム資金をどう流通させるか、資産価値の高い住宅をどうつくるか、民家をどう活用するか、保険をどう組み立てるか、大きな課題です。

そうした課題をきちんと具体化してなしとげれば、人によろこばれ、社会に役立ちます。そのとき、わたしたちは深い満足感をえられる、と考えています。

お客さまに、
社会に、
そして社員にとって「よい会社」をめざします。

お知らせ

  • 面接にあたり担当者が聞かれることにお答えします。 「休日や休暇取得の現状はどうですか」 定休日は毎週水曜・日曜です。 水曜は建築不動産業者の多くが定休日にしているため、当社もそれに合わせています。 以前は水曜日をはさんで …

    休日や休暇取得の現状はどうか

  • 市指定文化財になっている某古民家を活用するため、昨年から取り組んできましたが、 いったん白紙に戻します。 ・プロジェクト現地に規制があり、あらたな商業施設が建築できないこと ・事業主体として数億円を投資するのは危険である …

    古民家活用事業の方針を修正します

  • 採用の目的は新規出店です。 当社住宅ローン店は群馬県高崎市にありますが、群馬県のフラット市場から見ると、 ・シェアが低い という課題があります。 そこで当社は新たに群馬県東部地域に出店します。 人員は3~5名、時期は初夏 …

    総合職・営業職を採用しています